【ジャパネット】アラミックシルキーナノバブルシャワープレミアムを購入、新旧比較・違いを徹底レビュー!

テレビショッピング、ジャパネットたかた2021年1番人気商品アラミック シルキーナノバブルシャワー」がついに進化しました。その名は「シルキーナノバブルシャワープレミアム(JSNB2-CW)」!どこがプレミアムなのか?旧商品のJSNB1-CWも購入した私が、実際の製品を新旧比較しながら進化ポイントを見ていきたいと思います。

ジャパネットのオリジナル商品、口コミレビューも評価が高いプレミアムなシャワーヘッドの魅力?をお伝えします。

スポンサーリンク

アラミック

アラミック株式会社」は大阪府箕面市に本社を構える1986年に創業した企業で、社名の由来は以下となっています。

社名の「Arromic(アラミック)」は、Arrogant(尊大、独善的)とCeramic(セラミック)を合わせた造語です。「発明は尊大であれ」という想いを込めて名付けました(アラミックHPより)

シャワーヘッドなどの「バスグッズ」、米びつの虫よけなど「キッチングッズ」を中止に開発・販売しています(画像はアラミック公式オンラインショップ)。

アラミックオンラインショップ

シャワーヘッドは種類・価格が豊富で3000円代の商品から美容院・サロンで使われるような高級シャワーヘッドも販売されています。Amazonや楽天などのネットショップでもアラミックのシャワーヘッドは販売されていますが、今回紹介する「ナノバブル」シャワーヘッドは「ジャパネットオリジナル商品」なので、ジャパネットでしか購入できません(画像はAmazon)。

Amazonアラミック

ジャパネットたかた

こちらはもはや説明不要。毎日TVショッピングやCMなどで商品の魅力を大げさに余すところなく紹介し、販売している通販番組です。やはりこの番組の魅力は、いい商品を厳選して「欲しい」と思わせるような番組構成にあると思います(ツッコミどころも多いですが私は番組ファンです)。2022年3月からは自前のBS放送局「ジャパネクスト」を開局し、ますます勢いがある企業です。

ジャパネット
ジャパネクスト

ジャパネットたかたに会員登録していると「ジャパネット倶楽部」という商品カタログが3か月~半年に1回程度届くのですが、そこに今回も「シルキーナノバブルシャワーヘッド」が載っていました。。。。が、よく見ると「大人気シャワーが進化!」と、なんと新しくなっているではありませんか!?

ジャパネット倶楽部
ジャパネット倶楽部2

ジャパネットユーザー?として気になる商品で、ちょっと高価な品物ですが今回購入してみました。

シルキーナノバブルシャワープレミアム

ジャパネットオリジナルモデル「シルキーナノバブルシャワープレミアム」は、2022年4月発売のJSNB2という型番で、実は初代の「JSNB1」という商品も以前に購入して使用しています(画像はジャパネットたかたより)。

アラミックプレミアム

関連記事

TVショッピングでおなじみの「ジャパネットたかた」で高級シャワーヘッド「アラミック シルキーナノバブルシャワー(JSNB1-CW)」を購入しました。「ナノバブル」というちょっと気になる機能をもつシャワーヘッドを、年末セール「利益還元祭」とお[…]

シルキーナノバブルシャワー

こちらはジャパネット2021年売上No.1商品、累計販売本数100万本突破(2022年4月7日現在)ということで、大人気の商品となっています。当ブログでもシルキーナノバブルシャワーを紹介した記事は一番閲覧いただいています。もちろん初代のシャワーヘッドでも性能に十分満足していました。

シャワーヘッド
購入画面

JSNB2は価格14800円(税込)で、JSNB1の13800円より1000円値段がアップしています。ただ、少し高くはなりましたが性能もアップしていますので、今後購入をご検討される方はJSNB2の方がよいです(送料は770円、500円クーポンを持っていたので、私の支払いは15070円でした)。

それでは、さらに進化したシャワーヘッド「プレミアム」は実際にどのように進化したか、実際の商品を並べて新旧比較したいと思います。

パッケージ

JSNB1のパッケージも保管していたので並べてみましたが、ほとんど同じでどちらもホワイトの箱に金色の文字で「ナノバブル」と書かれています。JSNB2は「PREMIUM」が光ります。あと僅かですが、若干新商品のほうが箱が縦に長いですね。また、裏面はほとんど同じ記述ですが、用途の表記がJSNB1:浴室シャワー用、JSNB2:一般家庭用の浴室シャワー用とこちらも若干異なります。

シルキーナノバブルシャワー
パッケージ裏面

開封、付属品

パッケージを開けると、シャワーヘッド・アダプター×4種・LIXIL用平パッキン・シリコーンホールド×4個、そして取り扱い説明書が出てきます。

中身
シルキーナノバブルシャワー

JSNB1と付属品もほとんど同じですが、1つだけ違いがあり3年保証用の登録ハガキと不要アダプタ返送用の封筒が入っていません。これは、JSNB2からかどうか分かりませんが、保証が「ハガキ登録後3年間保証」から商品購入後3年間保証とシステムが変わったことによります。取り扱い説明書にも記載がありますね。

JSNB1の「保証について」JSNB1取り扱い説明書
JSNB2の「保証について」JSNB2取り扱い説明書

シャワーヘッド本体比較

それではおまちかね、シャワーヘッド本体を確認し、JSNB1とJSNB2の比較もしていきましょう。今回もカラーは「シャンパンホワイト」(もう1色はグロスシルバー)を購入しました(シャワーホースに合わせるとよいです)。本体の持ち手部分はやや丸みがあります。また水が出る「散水板」は鏡みたいにきれいで、普通に撮影すると家の中が写り込んでしまうほどです。

JSNB2本体
シャワーヘッド

それでは旧製品(JSNB1)と新製品(JSNB2)の比較画像を載せたいと思います。

まずシャワーヘッドですが、JSNB2の方が直径7.5cm、JSNB1は6cmでした。直径が多くなった分、体にあたる水量が幅広くなっています。また、グリップ部はJSNB1がまっすぐになっているのに比べ、JSNB2は少し丸い膨らみになっています。ただし太さはJSNB1が若干太いです。

シルキーナノバブルシャワー比較1
シルキーナノバブルシャワー比較2

横から見てみると新旧のシャワーヘッドの形の違いが顕著ですね。JSNB2のヘッドの方が平たくなっています。この形と持ち手の部分の形状で、シャワーヘッドの大きさは直径1.5cm大きくなっているものの、重さはほとんど変わらない(どちらも185グラム)となっており、特別重くなった感じはしません。むしろグリップしやすく持ちやすさもUPしています。

止水スイッチは見た目ほとんど形状が変わりませんが、こちらも新しいJSNB2が少し押しやすくなっています(個人の感想です)。ヘッド裏側の写真も載せておきます。裏側は違いがあまりありませんが、アラミックシャワーヘッドの特徴である上下左右自在首振りの3Dヘッドはもちろん健在です。

止水スイッチ
シャワーヘッド後ろ側

シルキーナノバブルシャワー比較:水流

シャワーヘッドからの水流も比較します。ほとんど同じ縮尺での画像です。JSNB2の方がヘッドが大きくなった分、水流が弱くなったと感じるかと思われるかもしれませんが、ほとんど変わりません。むしろ、当たる面積が広くなった分、洗髪や洗い流しがしやすくなりました

JNSB1シャワーヘッド水流JSNB1
JNSB2シャワーヘッドJNSB2

私はこれまでシャワーヘッドは「手持ち派」だったのですが、このシルキーナノバブルシャワープレミアムは水の当たる部分が広くなったことで、フックにシャワーを固定して両手が自由になる固定派」になりました。

シルキーナノバブルシャワーの性能比較

最後にこれまでの「シルキーナノバブルシャワー」(JNSB1)と「シルキーナノバブルシャワープレミアム」(JNSB2)の性能を比較します(いずれもジャパネット倶楽部より)。

まず、これまでお伝えしたように従来品比約1.4倍(実測は直径6cm→7.5cm)と大きくなったシャワーヘッド、フック・スタンドにシャワーを固定したままの洗い流しがよりしやすくなりました。

シャワーヘッド比較

次にナノバブルが、1CCあたり1億9300万個→2億1460万個とこちらもアップ(といっても全く目に見えないので実感はありません)。とにかく、業界トップの数であることは間違いなさそうです(2022年2月現在)。なお、散水板の穴は新旧ともどちらも239個の穴の数らしいです。

ナノバブル紹介

あとは水道代・ガス代の年間節約金額が61212円→63024円と約3%ですが節約金額がアップしています。こちらはもしかしたら基本金額の計算時点が変わっているからかもしれませんが、とにかく1本付け替えるだけで水道光熱費が節約できるのはうれしいですね。

水道代ガス代

3Dヘッド、止水スイッチ、防汚コーティング、ナノバブルの保湿効果などのうれしい機能・性能は従来品と同様です。

まとめ

ジャパネットたかたから販売されているアラミック「シルキーナノバブルシャワープレミアム」(JSNB1-CW)を紹介しました。

特に普通のシャワーヘッドを使用している方はこれに付け替えるだけで、美容や節約の効果もあり、洗い心地もさっぱりで止水スイッチで使いやすくお勧めです。

もちろんJNSB1でも十分効果がありますが、従来品との比較してみて、新商品JSNB2は1000円高くなっているだけですので、これから購入するなら新たな「ナノバブルシャワープレミアム」をお勧めします。なお、我が家についていた従来品のJNSB1シャワーヘッドもまだまだ使用できるので、実家のシャワーヘッドに付け替えに行きます。

ジャパネットたかたのレビューでも5点中4.43(2022年6月現在)の高評価商品、「シルキーナノバブルシャワープレミアム」はいいかがでしょうか?