【レビュー】スライムみたいな粘着クリーナーCOLORCORALを購入、使い方は様々、最後は真っ黒

Amazonで粘着ジェルクリーナー「COLORCORAL」という商品を購入し、早速使用しました。「Universal Dust Cleaner」(多用途ホコリ取りクリーナー)という記載があるように、実に様々な個所に使用できました。私的には意外とおすすめな商品です。商品の特徴と実際の使用感を紹介します。

スポンサーリンク

COLORCORAL容器はジャムの瓶ぐらいの大きさ

「COLORCORAL」ジェルクリーナーの入れ物は直径7センチ・高さ6センチメートルほどのジャムや佃煮の容器ぐらいの大きさです。ジェルは黄色と水色の商品があり、Amazonでは何故か黄色の方が少しだけ安かったので黄色いジェルの方を購入しました。

colorcoral
universal dust cleaner

「Universal Dust Cleaner」という記載と、内容量(160グラム±5%)という表示があります。

開封直後は中蓋(白い紙とアルミ素材)があり、取り除くと中身のジェルが出てきます。気になる臭いですが、なんか柑橘系のようなにおいがします(もっとゴムのようなきつい臭いがするかと思いましたが慣れると問題なし)。

中蓋
COLORCORAL中身

一見するとゼリーのように見えなくもないので、小さなお子さんなどは口に入れないように注意してください。なおプラスチックの丸い入れ物の商品のほか、写真のようにジェルがパックに小分けされた商品もあります。実は小分けパックの方が量的には多かったみたい(70グラム×5=350グラム)。

ジェルの手触りは面白い

ジェルは手触りが非常によく、おもちゃのスライムのように手にべとべと引っ付きません。画像はわざとデローんと垂らしていますが、通常は液だれすることはありません(しばらくすると容器の中で平らになります)。

ジェル

あまりの手触りの良さに子供のおもちゃにされてしまうようなジェルです(笑。

様々な場所に使えるジェル

ユニバーサルクリーナーということで、色々なところに使用してみました。

ゴルフボールぐらいのサイズを取り分けると手で持ちやすく、手のひらを利用して転がしやすくなり、色々な個所の掃除にちょうどいいのでおすすめです。

まずは定番のパソコンキーボード、ジェルなので細かいところに入っていきます。そしてキーボードに引っ付くということもありませんでした。もちろん隙間の奥に入っているホコリは厳しいですが、表面のごみや隙間のごみはかなり取れます。

キーボードとジェルクリーナー
キーボード

注意点はパソコンが誤動作するかもしれないので、電源を落としてからジェルクリーナーを使用しましょう。また、パソコンのディスプレイの掃除も水滴がつかずにきれいになるので、個人的にはキーボードよりおすすめです。

次にテレビやビデオの「リモコン」。こちらは手垢やホコリが付いているのですが、ジェルクリーナーはウェットティッシュよりも特にボタンにすき間に使用しやすく、かなりきれいになります

使用前ジェルクリーナー使用前リモコン
使用後ジェルクリーナー使用後リモコン

固定電話や電卓などのボタンも非常に使いやすいです。使用前後の画像は少しわかりにくいですが、画像を拡大すると細かなホコリが取れているのが分かります。

使用前固定電話使用前
使用後固定電話使用後

特にこの充電器(マキタ製掃除機のバッテリー充電用)については、部屋に置いていたので大量のホコリで汚いですが、このジェルクリーナーのおかげで、細かい溝の部分もきれいになりました

使用前マキタクリーナ使用前
使用後マキタクリーナ使用後

他にも車のシフトレバー部分やダッシュボードドリンクホルダーなどの細かいすき間、エアコンのフィルタ部分など様々な用途が感がられます(掃除機やホコリ取りでは取りにくい溝に威力を発揮)。

こちらはちょっと閲覧注意?車のドリンクホルダーです。髪の毛とかお菓子のくず?とかが入っていてめっちゃ汚いです。。。がこのジェルクリーナーできれいになります。

使用前ドリンクホルダー使用前
使用後クリーナー使用後

私的にはやはりカークリーナーの用途がおすすめ。内部のほとんどの個所に使用できます(車のシートも撥水加工していれば使用可能)。

ジェルクリーナー使用の注意点

上記で紹介したとおり、「COLORCORAL」ジェルクリーナーは様々な個所に使用でき便利なのですが使用上いくつかの注意点があります。

1.素材によっては使用注意(布や紙)

プラスチックや金属、皮などには引っ付かないですが、布(撥水加工除く)や紙製品などはジェルクリーナーが引っ付いて取れないことがあります。またシミになることもあるので、目立たない場所でいちど使用して確認するといいでしょう。

2.熱には注意

車でも真夏の暑い時期でのダッシュボードなど、高温になる場所は使用を控えましょう(柔らかく溶けてしまいます)。

3.水や油には弱い

ジェルクリーナーは水や油に濡らすと使用できなくなります(ディスプレイなどの皮脂汚れはOK)。

まとめ

COLORCORAL 粘着ジェルクリーナーを紹介しました。

汚れってしまったジェルでも最後にはエアコンの室外機の網目部分や、窓などのレール部分床と家具の隙間など、真っ黒になるまで使用すると最後まで使い切ることができます。

Amazonで1000円前後(黄色COLORCORALで929円、2021年5月現在)で購入でき、様々な場所に使用でき、繰り返し使えるコスパが抜群です。特に少量ずつ繰り返し使用できるのがちょうどいいです。あまり汚れていなければジッパー付袋などに保存して何度も使用すると無駄なく使えます

粘着性ですが、手にべとべと引っ付くこともなく、溝・すき間などのかゆい所に手が届くCOLORCORAL Universal Dust Cleaner」、おすすめです。