Amazon Fire HD 8タブレットをノートパソコン化したらモバイルタブレットPCになった

Fire HDはAmazonが販売している、Google AndroidベースのFire OSが搭載されたオリジナルタブレット端末です。値段が普通のタブレットよりお手頃で、手に入れやすいのが特徴です(特にプライム動画視聴に最適)。

今回はFire HDタブレットにキーボードとマウスを接続・設定し、ノートパソコンのように使用できるか試してみます。タブレット本体が安いので、こんな使い方もありかと思います。ブラウジング向けおすすめ設定も紹介します。

2020年9月のタイムセールでワイヤレス充電スタンドとFire HD 8 Plusが1600円引き。

スポンサーリンク

我が家のAmazon Fire HDタブレットは3兄弟

我が家では家族分のAmazon Fire HD 8(8インチタブレット)があり、妻・娘がそれぞれの端末でネットサーフィンやプライム動画閲覧、ゲームや読書などを行っています(画像は2020年最新版のFire HD 8 Plus)。

NEW Fire HD 8

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (Newモデル) 32GB
自分のは後で購入したためNEWモデル(第8世代)になっています。※2020年最新版は第9世代
関連記事

Amazon fire HD 8タブレットはAmazonプライムユーザーなら必須の低価格タブレットですが、8月よりAlexa(アレクサ)という音声認識のAIアシスタントが使えるようになりました。 Alexaが使えるようになり、何ができ[…]

fireスマートスピーカー
一方残り2台は第7世代、Alexaが使えません。
Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB
Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

fire3兄弟

タブレットは大きさも全部同じ8インチ、見た目は全く区別がつかないので、別々のシールを貼って区別しています。それぞれSDカードを差して用量を増強しています。

我が家には先ほど紹介したとおりタブレットが3台もあるので、自分用の1台にキーボードとマウスを接続しノートパソコン化してみました。

スポンサーリンク

パソコン化用に購入したパーツの紹介

ノートパソコン化するにはキーボードとマウスがいりますよね。Amazonでそれぞれを購入しました。

キーボード

今回購入したキーボードはこちらです。microUSBの有線タイプです。ノートパソコンにするには二つ折りのキーボード付きカバーのほうがノートパソコンぽくなりそうです。この商品は光沢防止の画面保護フィルムもついてお得でした。

カバーの質感はよく、キーボードのタッチ感も問題なし。
fire有線キーボード

カバーを開封してみました。スタンド付きなので画面が自立します。タブレットをはめる場所がばね上のクリップになっており、がっちりとタブレットをホールドするので画面がキーボードを打ってもぐらつきません。すでにノートパソコンの雰囲気がプンプンします

Fireキーボード
fireキーボード裏面
画面保護フィルムはサイズがぴったりで貼り付け時に気泡も全く入らず、この保護フィルムだけでも価値がありました。タブレット端末は基本的に画面をタッチして操作するので、画面保護シールは必須ですね。

マウス

有線や無線2.4GHzは、タブレットにUSBポートが一つしかなく複数接続が無理なのでBluetoothワイヤレスマウスを選択。wskyというよくわからないメーカーのものですが、安かったので購入しました。
ワイヤレスマウス
チョイスをちょっと失敗したかも、マウスのサイズが思ったよりも大きかったのでタブレットサイズ(8インチ)とバランスが悪い。もう少し小さいほうがいいかもしれません。

無線2.4GHzとBluetoothの両方設定ができ、USB充電式、しかも清音タイプでカチカチ音がしないタイプです。クリック音が気になりません。コスパは非常に高いです。

fireマウス
fireマウス箱

ストレージの増強

ストレージの容量が32GBで心もとないので、microSDカードを購入しました。これで画像撮影やアプリなどをインストールしても問題ないでしょう。Amazonプライム動画のダウンロードは画質を「最高画質」「高画質」「標準画質」「データセーバー」と選べるのですが、「最高画質」は1時間当たりの容量が大きいのでストレージの増強をお勧めします

64GBで1枚1320円、最近のSDカードは本当に安くなりましたね(セールでもっと安くなっている場合もあります)。
microSD

キーボードやマウスの設定は簡単

キーボードの装着と設定方法

有線式なので、ケーブルをつなぐだけでFire HDがキーボードを認識しました。キーボードの設定はデフォルトのままで問題なしですが、好みの設定があれば変更も可能です。

キーボード設定

マウスの設定方法

ホーム画面の歯車アイコン「設定」>接続済みデバイス>Bouethoothを有効化>マウスが表示されるのでペアリング

以下のように表示されました。BT+2.4G Mouseがマウスで、本体とペアリングされています。

fireマウス設定

Fireのノートパソコン完成

キーボード、マウスを有線/無線接続し、各種設定が終わりました。

どうでしょう!見た目もノートパソコンの完成です。(ちょっと有線は不細工かな?)

fire HD ノートパソコン完成

PCとしてWEBを見たいときはタブレットモードではなく、WEBブラウザモードにすると雰囲気がでます

fire標準のsilkブラウザは以下のとおり。デスクトップサイトというボタンをクリックするとPCサイトでWEBが開きます。

silk画面

ミニモバイルノートPC、ただしUSBポートが一個しかないので注意

キーボードを打ってみます。私は指が太いのでちょっと打ちにくいですが、画面上のキーボードより使いやすいです。画面はYahoo!JAPANをPCモードで表示。やっぱりタブレットモードよりPCモードの画面のほうが慣れているなあ。

キーボードと手

注意点

USBポートが一つのため、有線キーボードにしてしまうと電源のマイクロUSBがさせません。電源コードを使いたい方はキーボードもBluetooth接続ができるものにしましょう(ちょっとだけ高くなります)。

例えばこんなカッコイイキーボード付きケースもあります↓

Cooper Cases INFINITEEXECUTIVE Bluetooth キーボード

外で使いたいときは

Fireタブレットは残念ながら4Gモード等、電話回線は使用できません。なので、Wifi接続は公共の無線LANやスマホのテザリングなどが必要になります。

私のおすすめは、楽天モバイル楽天モバイル楽天モバイルで特にデータ通信が安いと思います。


楽天モバイル

楽天モバイル

(ちなみに我が家はドコモガラケーとスマホの2台持ち、スマホは楽天モバイルのデータ通信専用SIMを使用、ガラケー通話の携帯代とあわせて一人4000円弱ぐらいです。)

まとめ

今回はFire HD 8タブレットをミニノートパソコン化しました。すごく小さいですが、持ち運びには向いていそうです。ただこれでカフェなどで作業するのはちょっと恥ずかしい気もしますね。

今回のAmazon Fire HD 8ノートパソコン化にかかった費用をまとめました(2019年4月時点)。参考にしてください。

購入品 金額
Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (Newモデル) 32GB ¥6,980
USBキーボード付きカバー ¥2,380
Bluetoothマウス ¥1,899
microSDカード32GB ¥1,320
合計金額 ¥12,579

 

いずれもAmazonで購入、プライム会員のため送料無料!

いかがだったでしょうか?約1万3千円で、モバイルノートパソコン風端末が出来上がりました。安いスマホの本体代金並みでしょうか。しいて言えば、SIMカードが使用できるFire端末が発売されればもっと使い道が広がると思いました。

Wifiルータのおすすめ↓

自宅で使用しているWi-Fiルータ(バッファロー製で約10年以上前のもの)がいよいよ故障っぽいので、またまたAmazonでお買い物。私的には初めて聞く会社であるtp-link社製に取り替えました。我が家に安価で無線LANネットワーク環境が出[…]

tplink無線ルーター

薄くて軽いので持ち運びにも最適です。タブレットとしてのタッチパネルでのお手軽なブラウジング機能は残しつつ、文章を打つなどのときはキーボードで打ちやすいのでこの使い方はお勧めです。

fireタブレットは「Amazonプライムデー」などセールでは上記よりも安くなる場合も多いです。みなさんも一度お試しください。