Amazonで買ったイームズチェアの組み立てと座り心地を紹介、安いデザイナーズ家具です

みなさんはイームズチェアイームズチェアという「椅子(イス)」は知っていますか?私はなんとなく見たことはあるものの、名前までは知りませんでした。

チャールズ・イームズ』という昔のアメリカのデザイナーが設計した椅子で独特の曲線の背もたれが特徴的です。

イームズチェアイームズチェア

こんな感じのまるっこい椅子です。私的にはよくおしゃれなカフェなどに置いていそうな?イメージです。名前はわからなくてもどこかで見たことありますよね?ちなみに画像の商品の脚部分は木ですが、金属の脚のイームズチェアも売っています。我が家で使用しているダイニングチェアが約8年たち、背もたれの生地などがかなり損傷していたので、Amazonで値段もお手頃だったイームズのダイニングチェアを買いました。

送付物の梱包状況や大きさ、内容物、組み立て~完成、そして座り心地など実際の使用した感想を紹介します。

スポンサーリンク

イームズチェアの配送~組み立て

家具をネットショッピングで注文することはほとんどないのですが、今回はAmazonがセールを行っていたので購入しました。実際にイームズチェアがどのように届いたのかを紹介します。

届いたダンボール箱の大きさは?

まず届いたダンボールの状態は画像の感じで、普通のダンボールです。梱包状況は特に問題無しです。大きさをわかりやすくするために、家にあったTVのリモコンと比較してみました(リモコンの長径は20cmほどです)。Amazonプライム会員なので送料無料でした。

ただし、家具の実物を店舗で確認せずにネットショッピングで購入するのは多少の不安もありました。

イームズチェアの段ボール

今回はまとめて2脚購入しました(気に入ればもう2脚購入し現在の椅子と入れ替えるつもりです)。

箱を持ち上げてみたら、まあ軽い!脚が3.7kgと記載があったので、座面を含めてもとても軽く、本当に2脚分入っているのか?と思いました(笑。軽い方が掃除するときなど便利ですね。

Amazonの記事はコチラ

2019年7月15日~16日はお待ちかねの「Amazonプライムデー」ですね! 私は2018年の8月にAmazon プライム会員になったので、今回2019年のプライムデーが初参加となります。ちょうど6月末に賞与も出たのでAmazonで[…]

セール

購入したイームズチェアのダンボール箱に入っていたもの

さっそくダンボール箱を開封してみました。自分で組み立てる必要があるので、背もたれや脚などの部品はもちろんバラバラに入っています。

・座面+背もたれの一体部分(独特の形状ですね、このカーブがイームズチェアのポイントです)
・脚(骨組みの金具はもとから木製の脚についています)
・ネジ類(ビス、ワッシャーとネジカバーが少し多めに入っています)
・六角レンチ?(ねじ穴にいれてまわすL字の金属)とスパナ
・取扱説明書
イームズチェア箱の中身

完成品では無く脚の部分は自分で座面に取り付けるようになっています。背もたれ部分の見た目は駅のプラットホームなどにあるベンチみたいでしょうか?駅にあるベンチの座面はツルツルのイメージですが、購入した椅子の座面プラスチックはざらざらした加工がされています。我が家のダイニングテーブルがこげ茶色なので無難に黒色を選択しました。私が購入したAmazonのとある販売者では、座面の色はほかにもホワイトやレッド、オレンジなどカラーバリエーションが8種類ほど販売されているようで、お部屋のインテリアに合わせてチェアのカラーを選べるのがいいですね。

座面の裏側には脚をつけるネジ穴が4か所あります。

イームズチェアの組み立てから完成まで

座面部に脚を取り付けました。ねじ回しは全然むずかしくはなく付属の6角レンチで簡単にとりつけられます(4か所を締めるだけ)。脚を座面に取り付ける前に、脚に巻きつけてある保護用のビニールは取り外しておきましょう(写真では取り付けたままです、あとで取り外すのは少し面倒ですよ)。

イームズチェア組み立て

脚のバランスを調整し、各ネジを締めなおし完成です。結構オシャレじゃないですか!?ネジはしっかりきつーくしめておきましょう。

イームズチェア完成

組み立ての所要時間は10分弱。使っているとネジが緩んでくることがあるみたいなので一応六角レンチは捨てずにとっておくことをおすすめします(→一回ねじがゆるんで外れてしまいました)。座面と脚の接合部分だけでなく、元からある脚部分と金具を取り付けているほかのネジも一応締めたほうがよいですちゃんと締めておかないとギシギシと音が鳴りますよ。

バランス調整といっても普通にネジを締めるだけで調整される難しくはなく、ほとんどゆがみはなくなります。

スポンサーリンク

イームズチェアに座ってみた感想、意外と座り心地がいい

本当に座り心地はいいのか半信半疑でしたが、これがなかなかどうして座り心地がいい

椅子に座った感想やおすすめポイントと注意点などを以下にまとめてみました。

  • 組み立て品なので、脚がギシギシするかなと思ったが全然ギシギシしません。
  • 背もたれが独特のカーブで自然にたわむのですわり心地がよいです。強度も結構あります(やりすぎ注意)。
  • 以前使用していた椅子に比べて腰が痛くなりにくい気がします。座面と背もたれの独特のカーブのおかげでしょうか。
  • 座面はポリプロピレンなので少し冷たいと感じます。座面のクッションは購入したほうがよさそうです。円形のクッションがいいですね。
  • 軽いので持ち運びがラクです(以前使用していたチェアが重たかったのもありますが…)。ただし椅子を重ねることはできません

まとめ

2脚で税込み5880円(2019年5月購入当時)という値段で買えたのがうれしいです。ダイニングチェア2脚でこの値段ならかなり安い部類ではないでしょうか?この値段なら壊れても気軽に買い換えることもできますよね。しかも結構丈夫で長持ちしそうです。

イームズチェア

リプロダクト品ですが、色むらやキズなどの粗悪な部分などは無く、品質は問題ないです。

リプロダクト品とは、意匠権の期限が切れた製品を、オリジナルデザインを元に出来るだけ忠実に復刻生産した製品です。 (出典:北欧照明,デザイナーズ家具通販のR&Mインテリアストア本店

私は商品を購入するときは「コスパ」を最も重視するのでこの値段でこのクオリティはありがたいです。
なお、座面がポリプロピレンで硬いのでクッションは必須です(長時間座るときなどは特に)。あと床のキズ防止に脚カバーもあったほうがいいですね。イームズチェアにぴったりのクッションと脚カバーはこんなのがありました。

布地のイームズチェアもあるようですが、ダイニングで使うので食事等をこぼして汚れた場合の掃除をすることを考えると、個人的にはポリプロピレン製のものをおすすめします(なんせ、ずぼらなもので…)。
ダイニングチェアなのでもう2脚で別の椅子があるのですが、ダイニングの統一感や座り心地などを考えるとイームズチェアをもう2脚ほしくなりました。

なお、オリジナル(正規品)は1脚 50000円~ぐらいするようです。もちろん正規品にはリプロダクト品にはない品質などの魅力があるようですが、我が家では価格的にとても手が出ません。

イームズチェア オリジナルとレプリカ徹底比較,vanilla…

リプロダクト品はデザイナー家具が安く購入でき、機能面でもオリジナルと遜色がないのがうれしいですね。

↓こちらをクリックするとAmazonで購入できます。

イームズチェア