【大阪府堺市】ハーベストの丘、遊具券付きチケットでお得に入場、アクセスや料金は?

ゴールデンウィークの10連休、5月5日(日)に朝から大阪府堺市にある堺・緑のミュージアム「ハーベストの丘」に行ってきました。

追記)2020年3月20日に関西発「シルバニアパーク」がオープン、約4,500㎡(1,360坪)の敷地にシルバニアファミリーの仲間たちが暮らす、シルバニア村を再現した屋外型のテーマパークでますます楽しくなります。

スポンサーリンク

前日にお得なチケット購入

ちょっとでもお得に入場し遊ぶために、コンビニでJTB(日本旅行)が提供する「遊具券付入園券」という前売り券のチケットを購入しました。入園チケットの料金で遊具券300円分がついてきます。

大人 (中学生以上)900円(通常入園900円+300円遊具券=1200円)

子供(4歳以上)700円(通常入園500円+300円遊具券=800円)

よくこれる方は年間入園パスポートがお得です。
おとな 2500円、シニア(50歳以上)2300円、シルバー(65歳以上)1800円、こども1300円
3回来れれば元がとれます

300円遊具券には有効期限がないので、今回使用できなくても次回使用できます(スタッフに確認済み)

(実際、開園後2時間もするとどのアトラクションも行列だったので、3枚あった遊具券は1枚のみ使用して他は次回に回しました。)

なお、12月~2月は冬季期間として10時~17時と営業時間が短縮され冬季料金として入園料などが安くなります(ただし、動物のふれあいなどのイベント数が少なくなります)。

出発~到着まで

ここからは私たちの出発時間や道のり、交通料金(車)を紹介します。

いざ出発

ゴールデンウィーク最終日の1日前かつ晴れ予想で混雑すること間違いなしなので私は大阪府北部在住なので、朝一で入場しようと考え7時45分に出発。

混雑も考慮して高速道路を利用。阪神高速→近畿道→阪和道のコースを選択。高速料金は合計1430円です。

8時45分ぐらいに到着しました(ほとんど渋滞無し)。駐車場は1800台あり無料でほぼ問題なく駐車できますが、繁忙期には遅く到着すると入り口から遠いところに止めないといけないことがあるので注意です。駐車場も渋滞します(帰りは入り口が渋滞)。

入場門

ハーベストの丘の入場門はこんな感じです。

ハーベストの丘入場門

開門前にすでに行列ができています。私たちの家族はざっと30番目ぐらい?でした。

当日チケットを購入するには、別途チケット売り場に並ばないといけません。おそらく2人以上で来られている方が多いと思うので、一人は門に並び、もう一人がチケットを購入するといいです。やっぱり前売りの入場券を買っておくことをお勧めします。

開園時間

ハーベストの丘の通常の営業時間は以下の通りです。

・3~10月  9:30~18:00(平日は9:30~17:30、季節により変動あり)
・11月   9:30~17:00
・12~2月  10:00~17:00(冬季休園日あり)

営業時間ですが、上にも「季節により変動あり」ということで、5月5日は9:00に開園しました(30分繰り上げ、この30分早く入ることができるのは意外と大きいです)。

スポンサーリンク

園内紹介

ハーベストの丘の各エリア(主に2つ)を紹介するために、パンフレットの園内ガイドマップのを掲載しました。

街エリア

ハーベストの丘街エリア

街のエリアは観覧車や芝滑り、アスレチックやバギーなどのアトラクションやバーベキューや食のホールなどのレストランお土産屋などがあります。こちらが入場門側となります。

村エリア

ハーベストの丘村エリア

村のエリアじゃぶじゃぶ広場動物ふれあい広場花畑などがあり動物や自然好きなら村エリアがおすすめです。私も動物がたくさんいる村エリアは好きですね。街エリア、村エリアとあり園内はかなり広く、かつ起伏もあります。ご年配の方は少ししんどいかもしれません。そんな時は「みのり号」という汽車の形をした園内用バスがあるのでこれに乗って移動するのもいいですね(片道400円)。

(街エリアと村エリアは「吊り橋」でつながっており、結構揺れるので高いところが苦手な方も、園内用バス乗ってみるといいかも)

じゃぶじゃぶ広場

水遊びができる広場で噴水や「きのこ」から水がおちてくるシャワー、水車などがあり広いです。

浅いので泳ぐことはできませんが、小さなお子さんでも遊べます。走ると危ないので気を付けてください。前回訪れたときは横で小さいプールの中にピーマンやなすびなどを浮かべていてとる遊びをやっていました(子供専用)。しかもとった野菜を持って帰ることができるという太っ腹でした(無料!)。不定期でこのようなイベントがやっているのかもしれません。

じゃぶじゃぶ広場

5月でも夏日(最高気温27℃)だったので水遊びにはちょうどいい気温でしたが、5月ということもあり水が冷たい(娘談)ということでした。娘と友達家族の女の子と二人で大はしゃぎでした(水鉄砲などをもっていても楽しめます)。

花畑

5月なのでポピーやネモフィラが咲いていました。きれいですね。季節の花が咲いているので、1年中楽しめます。

ハーベストの丘

動物たち

園内にいる動物たちです。馬と羊、それにカピバラなどたくさんいます(動物たちもちょっと暑そうでした)。

ハーベストの丘馬乗馬が交代するところ
ハーベストの丘山羊ひつじが多く、山羊は少ないです
ハーベストの丘かぴばらカピバラにはえさやりもできます
娘はカピバラとヒツジにそれぞれえさやりをしました。どちらも食欲旺盛ですごく群がります(笑。
また乗馬(1回500円)は、馬が娘が乗っている途中で水のみをしていたので、長く乗れたこともあり、すごく喜んでいました。小さいお子様向けにはポニーの乗馬もあります。
昼ご飯は持ち込み可能なので、お弁当をもって食べました。バーベキューができるレストランや、定食が食べられる食堂もあります。

今回体験したことまとめ

今回は遊んだ・体験したことをまとめました。

  • 芝滑り(1回400円、遊具券300円に100円プラスして利用、すごく広い芝滑りです)
  • ゃぶじゃぶ広場(無料、更衣室もあるので安心です)
  • カピバラハウス(1日2回または3回しかチャンスがありません、カピバラが6匹ほどいました。えさは200円または500円、200円で十分です。)
  • 乗馬(ポニーは300円、アラブ種またはクオーターホースは500円です、120センチ以上は500円の大きいお馬さんへ)
  • 羊、山羊へのエサやり(1つ200円、娘たちは落ちている餌も拾ってあげていました。。。)
  • パンやソフトクリームなどの購入

入場料合計2500円と上記体験1000円で合計3500円です。十分遊んだので渋滞を避けるため14時には出発しました。

帰り際にはハーベストの丘オリジナルヒーロー「アニマルレンジャー」が歩いていました。

アニマルレンジャー

まとめ

ゴールデンウィークにハーベストの丘に行ってきました。混雑をさけるために朝一で入場しましたが、それでも昼前にはすごい人だかりに。今度はもう少しすいている時期に訪れてグルメ体験やアスレチックなどをしたいと思います。

帰りは直売所で地元の野菜など、お土産も購入できます。

自然のふれあいや遊び場もたくさんあり、小さな子供ももちろんですが、ゆっくりとご年配の方やカップルにもおすすめです。


JTB

JTB

スポンサーリンク