【肉】ジャパネットたかたで神戸牛を購入、シークレットセール?たまにはグルメもジャパネット

ジャパネットたかたはエアコンや掃除機などの販売が有名ですが、肉や魚などの全国のグルメ・特産品も購入できます。そんな中、今回は「神戸牛」ということで「神戸ビーフバラ切り落とし1.1kg」を購入しました。実はこの神戸牛、普通のショッピングではなく会員限定のあるセールで購入しました。どのように購入したか?来た牛肉はどんなのかを紹介します。

スポンサーリンク

ジャパネットたかたからメール

TVショッピングでおなじみの「ジャパネットたかた」、私は以前「アラミック シルキーナノバブルシャワーヘッド」を購入しました。そしてジャパネットに会員登録しています。

関連記事

TVショッピングでおなじみの「ジャパネットたかた」で高級シャワーヘッド「アラミック シルキーナノバブルシャワー(JSNB1-CW)」を購入しました。「ナノバブル」というちょっと気になる機能をもつシャワーヘッドが年末セール「利益還元祭」とお誕[…]

シルキーナノバブルシャワー

3か月~半年に1度、「ジャパネット倶楽部」というカタログがきたり、ダイレクトメール(封筒・電子メール)なども来ます。

カタログは読み物としても面白いです。それにしてもこのカタログ「ジャパネット倶楽部」、2000年発行から通算100号の特別記念号となっているのが長く支持されている証拠ですね。

ジャパネット倶楽部
ジャパネット倶楽部中身

電子メールでもお買い得商品情報がくるのですが、

「黒毛和牛たっぷり1.1kg!神戸ビーフが破格値に!?お客様参加型ショッピングは本日24時まで!」

というメールが送信されてきました。ジャパネットは家電や布団などがよく販売されますが、近ごろジャパネットが力をいれているのが「グルメ・特産品」先ほどの100号特別記念号でもカタログと一緒にグルメ商品が特集されたチラシが同封されていました。

ジャパネットグルメチラシ

肉に海産物、お酒やお菓子など全国の特産品がお買い得な価格で販売されています。いやー、どれも美味しそうですね。2020年~2021年にかけて、ジャパネットではコロナでホテルやイベント等などの需要が大きく落ち込んだ食料品も販売しています。

ところで先ほどのダイレクトメール、「お客様参加型ショッピング」とありましたが、どういうことなのか?説明します。

ジャパネットたかたの「お客様参加型ショッピング」

「お客様参加型ショッピング」、要するに「購入する人(希望者)が多いと商品販売価格が下がるシステム」らしく、ジャパネットのホームページでQ and Aが載っていました(一部省略)。

お客様参加型ショッピングとはどういう仕組みですか?
最初にジャパネットたかたが「お客様参加型ショッピング提供価格」を提示します。
そして、提供価格になるために必要な数の「ほしいネ!」を募集します。
「ほしいネ!」されたお客様にジャパネットから翌日メール(もしくはLINE)をお送りします。
メールを受け取ったお客様はその時点でメールに記載された価格にてお買い上げいただくことが出来ます。
また、メールを受け取られた時点で、気が変わった場合は、購入しないことも可能です。
これまでも「お客様参加型ショッピング」の案内メールが来ていたかもしれませんが、私は今回初めて参加しました。
今回対象になった商品は「神戸牛(バラ切り落とし1.1kg)」。商品案内はサシが入ったおいしそうな牛肉が紹介されています。
神戸牛バラ
神戸牛等級説明

購入希望者の「イイね」がたまっていくと商品価格が下がっていくシステム、スタート価格は10,800円でした。

それが「お客様参加型ショッピング最大値引き達成!」というメールとともに実際の購入価格は

ということで…

ジャパネット最大値引き

税込7980円!しかも送料無料。なんと、「ゴールド価格達成」らしいです(笑。テレビで最近紹介されている「グルメ定期便」が1か月8980円なのでこれくらいかなと予想していたのですが、さらに安かったです。

もちろん、これが悪く言うと?ジャパネットたかたの手法かもしれませが、1.1kg切り落としが7980円は他のネットショップでも見当たらなかったので(少なくともこれよりかは100g単価が高い)、とにかく一度購入してみようと思いました

そして1週間後、神戸ビーフ到着

ジャパネットたかたの「神戸ビーフ」が佐川急便のクール便で届きました。-18℃、箱がちょっと濡れていますね。

佐川急便クール便
佐川急便中身

ダンボール側面には、神戸牛の証である「神戸肉流通推進協議会」のゴールドマークがついています。

神戸牛の定義:「神戸肉・神戸ビーフ」とは、第20条で定義する「兵庫県産(但馬 牛ぎゅう )」のうち、未経産牛・去勢牛であり、枝肉格付等が次の事項に該当するものとする。 尚、神戸肉・神戸ビーフをKOBE BEEF、神戸 牛ぎゅう 、神戸 牛うし と呼ぶことができる(神戸肉流通推進協議会より)。

神戸肉の証
神戸ビーフバラ肉

食肉加工業者は「神戸畜産」。もちろん神戸にある会社で神戸肉の色々な部位を卸販売しています。冷凍で賞味期限は約1か月ですね。

さて、お待ちかね肉パックは以下の通り、550グラムが2パックに分かれています。それにしても多い。冷凍状態だから分かりにくいですがバラ肉なので脂身も多少あります。それでも霜降がすごいです。100グラムあたり726円の肉だ~~!

神戸牛2パック

なお、解凍状態の肉については後日アップします(冷蔵庫でじっくり12時間以上かけて解凍するとよいということです)。

追記)解凍しました。そしてすき焼きで頂きました。脂の部分も美味しく、柔らかく旨味が強く大満足でした。

神戸牛

最後にパックに記載されている「個体識別番号」を検索してみると…

個体識別情報検索サービス
検索結果

兵庫県美方郡香美町香美町というところで2018年に産まれた雄の黒毛和種など、流通経路などが分かります(もちろん最後まで兵庫県内で育っています)。牛の「名前」までわかるのでちょっと複雑ですが、自然の恵み、牛さんに感謝ということで頂きたいと思います。

まとめ

ジャパネットたかたで「お客様参加型ショッピング」として販売された「神戸ビーフ」を紹介しました。

ジャパネットたかたでは「外出自粛で行き場を失った全国のおいしいものを、お得にお届け!」ということで、全国の様々なグルメが特に力を入れて販売されています。

もちろん商品を購入することが地方の生産者を応援するということで、生産者の新たな販売経路として注目されています。また、まとめ買いで「5%OFF」やWEBからの注文で5%還元感謝クーポンがもらえるなどお得なジャパネットたかたグルメ、ぜひご購入を検討してみてはいかがでしょうか?