【レビュー】ミズノマウスカバーの当選メールが来た、でも今は普通に買える?着け心地は?

マスクは今や必須アイテムとなっています。2020年11月、「【当選】ミズノマウスカバー抽選結果のご案内」というメールがいきなり来ました(2020年5月~6月に一度落選していました)。使い捨てマスクや布マスクは現在は普通に買えるようになりましたが、とりあえず購入してみました。届いたマウスカバーの見た目や着け心地を紹介します。

スポンサーリンク

ミズノ

ミズノ株式会社といえば大阪発祥、1906年創業のスポーツ用品メーカーの老舗です。水泳を始め、野球、テニス、ゴルフ、卓球等々、様々なスポーツ用品を製造・販売しています。漢字で書くと「美津濃株式会社」と書くのですね(はじめて知りました)。

MIZUNO

ミズノから発売されたマウスカバー(通称「ミズノマスク」)は人気商品で、オンラインでは抽選販売が2020年5月~6月にされました。私も申し込んでたのですが、当時はマスクがなかなか手に入らない(ドラッグストアなどで大行列が発生していた時期)状況だったので、あえなく落選。それから月日が経つにつれてマスクの供給も安定し、応募したことなどもちろん忘れていました

いきなりの当選メール

11月某日、突然次のようなメールが来ました(PCのフリーメール)。

【当選】ミズノマウスカバー抽選結果のご案内
キョーシパパ様(←実際は本名)
平素はミズノサイトをご利用いただき誠にありがとうございます。
ミズノマウスカバー事務局でございます。

5月及び6月に、ミズノマウスカバーの抽選販売にご当選されなかったお客様を対象に、抽選を行い、当選された方には順次サイトへの招待メールを配信しております。
キョーシパパ様は当選となりましたのでご購入をご希望される場合は、本メール下部のリンクから、パスワードを設定してログインしてください。

※お一人様合計6枚までご購入いただけます。
※ご購入期限は2021年1月29日正午まで。

初めは?、もしかして迷惑メール?とも思ったのですが、ツイッターを見るとそうでもなさそう。まさに突然でした。マスクについては市場に使い捨てマスクも出回っており、「ユニクロエアリズムマスク」など話題になった商品も以下の記事のように普通に購入できるようになったので、急に必要ということはなくなったのですが、「当選」という言葉に弱いので、とりあえず購入することにしました。

関連記事

一時は大行列が話題となったユニクロ「エアリズムマスク」、現在はどこのユニクロ店舗でも購入できるようになっています(関西の数店舗で売っていました)。店舗にはワゴンに入ってエアリズムマスクがたくさん並んでいました。早速購入し、使用してみました。[…]

エアリズムマスク

ミズノオンラインショップ

メールのとおり、パスワードを入力するとミズノオンラインショップのマウスカバー用特設サイトにアクセスできました。

オンラインショップ
ミズノオンラインショップ

ホームページにはミズノマウスカバーの機能の説明があり、色々なマウスカバーが販売されています。

ミズノマウスカバー機能

ミズノマウスカバーは水着や陸上ウェアなどに使われている伸縮性がある素材で、顔にフィットする立体的な構造になっています。色は5色(ホワイト、ライトグレー、グレー、チャコールブラック、ブルー)あります。確かに水着っぽい色ですね。

ミズノマウスカバー種類

素材にこだわっている分、1枚税込935円とやや値段はします。とりあえず「ライトグレー(シルバーグレー)」と「ホワイト」の2枚を購入、送料は220円で合計2090円でした

マウスカバー購入画面

ミズノマウスカバーが到着

約1週間後にクロネコヤマトのネコポス(封筒)で郵便受けに投函されていました。早速中身を確認します。

ミズノマウスカバー

サイズはS・M・Lの3種類あり、今回はどちらのカラーもLサイズを購入しました。パッケージには商品名・価格と「手洗い」のマークがあります。なお、「MADE IN THAILAND」、タイ製でした。。。

裏面には「取扱い上の注意」がズラズラと記載されています。もちろん「感染を防ぐものではありません」「飛沫の拡散を和らげるものです」という記述も。「本品の安全性については留意していますが、念のため一度洗濯してからご使用ください」ということなので、洗ってから使用しましょう。

ミズノマウスカバー商品名
取扱い上の注意

ミズノマウスカバーの形状・素材をチェック

マウスカバーの形状は写真の通り、口元が立体的になっています。また、耳掛けの部分は楕円ではなく円形になっています。水着などに使われる伸縮素材でかなり伸びます(顔にフィットします)。右下にミズノのロゴがありますね。

ミズノマウスカバー

裏側にはメッシュ素材が張り付けてあり、肌触りが滑らかになっています(2way構造)。

ミズノマウスカバー裏側

ホワイトとシルバーグレーを並べてみた写真と「ユニクロエアリズムマスク」を並べてみました。私は黒や紺より、白・グレーなど薄い色が好みです。エアリズムマスクとは素材、形状が全然違いますね。

ミズノマウスカバー比較
ミズノ・ユニクロ比較

気になる着け心地は…

マスクを着けてみると、伸縮素材で顔に密着します。ただ私は「顔が大きい」のでLサイズでも少しきついイメージでした。おそらく使っていくと形状がなじんでくると思います

肌触りは良好で、口元の立体的な構造も息がしやすいです。タテの長さはユニクロのモノよりやや長いので、鼻から顎にかけてすっぽり覆ってくれます。使用感はバッチリでした。

まとめ

抽選落選から約5か月後、いきなり当選した「ミズノマウスカバー」の概要や着け心地を紹介しました。

紹介したとおり、「もの」はかなりいいです。ただしちょっと高いのが少し残念でしょうか?せめてあと200円安ければ文句なしです。当マスクは手洗いとなっていますが、私は洗濯機の短時間手洗いコースでマスクを洗っています。その際、素材のせいか洗っても「しわ」になりにくくいのがメリットですね。

なお、冬用の吸湿発熱素材(ミズノ独自)「ブレスサーモ」を使用した「ブレスサーモマウスカバー」が販売されます。こちらも抽選販売です。

ブレスサーモマウスカバー

もしかしたら再販かもしれないのと、全国のショップで販売している店舗もあるので、詳しくはミズノホームページをチェックしてください。

ミズノホームページ