【レビュー】カ.クリエ(Ca.Crea)はアイデアをささっと書き込める携帯性抜群の手帳だった

オフィス家具や文房具などを製造販売しているプラス株式会社から発売されている『カ.クリエ』という手帳を紹介します。キャッチフレーズは「書くことは、想像すること」で、特徴やおすすめポイントなどをまとめました。

スポンサーリンク

カ.クリエ(Ca.Crea)って何?

薄型の手帳(ノート)です。私が購入したのはA4×1/3サイズという、ちょうどA4サイズ用紙を3つ折りにした大きさで手に取りやすく、薄くて軽いので胸ポケットなどにもすっと入り、携帯しやすいのが特徴です。
Ca.Crea

その他A4×1/9サイズ(リングメモ)やA4 ×1/2サイズなどもあるようですが、スーツの内ポケットやポシェットなどにも入るサイズのA4×1/3が一番使いやすそうです。

文具・事務用品のプラス株式会社ステーショナリーカンパニー(PLUS Stationary)

メインのノートに+αするだけ、機能拡張できるノート「Ca.Crea(カ.クリエ)」。あたなにあったカ.クリエ活用術をご紹…

商品にで紹介されているお勧めポイントは以下の3つ
・絶妙な巾(はば)
・A43つ折で書類が格納できる
・見開きで書きやすい

これらの特徴を詳しく見ていきます。

カクリエ表
カクリエ裏

薄くて持ち運びやすい

とても薄いですが、40ページ(シート)あるので、ページ数は問題ありません。大きさがちょうどよく手に持ちやすいです。しかも軽い。携帯性が抜群ですね。

カクリエ持ってみる

A4を3つ折書類にして格納できる、専用テンプレートも豊富

A4サイズの横幅よりわずかに大きく作ってあるので、A4サイズを三つ折りにして挟んで持ち運ぶことができます。公式サイトではカクリエ用に作成されたテンプレート(スケジュールやTOリスト)なども用意されており、カスタマイズがしやすいです→公式サイト

A4用紙を持ち運べるということで、Excelなどで自分でテンプレートを作成し、もっとオリジナリティをだしてみてもよいかもしれませんね。使用の幅が広がります。

スポンサーリンク

パタンと見開きで開くので書きやすい、読みやすい

画像の通り、真ん中からパタンと見開きで開きます。これは「糸かがり綴じ(糸かがり製本)」という本の背表紙を糸でかがって(縫うような感じで)製本する技術が使われているからです。見開きで開くので、字が書きやすく、机などにおいても読みやすいという特徴があります。
糸かがり製本

紙質がよくインクがにじみにくい

クリーム色の上質な紙が使われており、ペンが引っかからずすらすら書けます。万年筆にも相性がいいようで、私も欲しくなりました。こちらのお手頃万年筆(1000円以下)を購入してみたいと思います。
万年筆

3タイプの罫線を使い分け

罫線のタイプも3種類あります。
・横罫
・無地
・方眼

私は、文章(字)とアイデアを両方整理しやすい方眼を選びました。なお、横罫や無地を選ぶなら「NSシリーズ」から選択しましょう。
Ca.Crea NSシリーズ

カラーや素材が豊富で好みでチョイス

ワンランク上のカ.クリエを選ぶなら「プレミアムクロス」シリーズがおすすめ。表紙・背表紙に高級感と耐久性がある紙クロスを使用しているので、かなり丈夫で見た目もかっこいいです。

プレミアムクロスス
カクリエアリス

色のバリエーションも豊富で、エルサやアリスなどディズニーのキャラが書かれた種類もあり、プライベートでの手帳としても活躍しそうです。

豊富な種類のカバーでビジネスやプライベートにも

この手帳を使用するなら専用カバーやアシストノート(スケジュールやガントチャートなどの別冊)を買って、もっと機能性・有用性を高めることができます。ビジネスで情報をまとめることや、プライベートで「トラベラーズノート」風に毎日持ち運ぶような、自分のライフスタイルにあった活用ができます。私も早速購入しようと思います。
カクリエカバー

まとめ

ビジネス、プライベートどちらでも使用できそうな薄型手帳「カ.クリエ」(Ca.Crea)を紹介しました。

A4用紙が3つ折りですっぽり収まるので、自分用のテンプレートを作成して挟み込みたいと思います。また、カバーにはポケットがついているので、スマホやへそくり!なども入れておくといざというとき役立つかもしれません。カバーには2冊まで手帳を挟むことができるので、ビジネス用・プライベート用と分けてしまうのもアリですね。

専用の本革カバーを購入すれば、高級な手帳とそん色なく使用できるのでおすすめです。

Amazonでカ.クリエを探してみる